Fate/stay night [Heaven's Feel] Ⅱ.lost butterfly

 

I beg you / 花びらたちのマーチ / Sailing(期間生産限定盤)(特典なし)

I beg you / 花びらたちのマーチ / Sailing(期間生産限定盤)(特典なし)

 

 私はFateのゲームはやっていなくて、アニメとZeroの小説くらいしか通っていないのですが、十数年前にお前は絶対Heaven's Feel好きだよと言われたことはずっと引っかかっていて、いつか触れないとなと思っていたのです。それで映画化でこれ幸いと第1章を観て確かに他より好きだけどどうかなあと思っていたのですが、この第2章見てああこれもう全面的に好きだわって思いました。好き、凄く。というかこれ、当時触れていたら人生変わっていたかもしれないやつなので危ないところだったなって。

ufotableの作品ってなんとなく画面がパキッとしているというか、無機質な印象があったのですが、これはもう何もかもが湿っている感じ。どろっとした堕ちていくストーリーに淫靡さと情念が纏わりつくみたいな。どうしようもなく与えられた環境と本人の性質が導いてしまった間桐桜という少女の歪みと悲痛と、それでも縋ったものが作品自体の色を決めていて、もはや士郎の物語ですら無いぞこれと思います。泥の中へ堕ちていく様、美しく、酷く、極上の悪趣味で、それを物凄い濃度で突きつけてくるような作画と演出、声優の演技がとんでもなかったです。上映中の2時間、ずっと心臓を掴まれているような映画でした。いや、本当これ、可哀想なのにずるいの、弱さの中に滲むエゴみたいなの、桜好きだなって。凄い好き。

それでもって最後にかかる主題歌が「I beg you」なんですけど、まずこのタイトル……って感じなんですけど、詞曲合わせてこの呪いのような歌が空気を持っていく感じ、凄いなと思います。第1章の「花の唄」とは違う、こうならざるをえなかった、それでも、みたいな桜の歌で、歌詞が本当にもう映画そのまんまというか、あまりに直球というか。どこを読んでも桜、みたいな。作品のための音楽を作る時の梶浦由記という人は割と職人的なイメージがあるのですが、時々突き抜けた凄いものを出してくるなあと思います。個人的にまどマギ新篇のラストに「君の銀の庭」が流れた時以来の感覚でした。

というか、梶浦由記の音楽ってそれこそNOIRの頃からもうずっと、追い詰められながら闘っているみたいなイメージの曲がとても魅力的なんですよね。崩れて壊れていくのだけれど、それがどうしてか美しい、そこに何か心地良さがあるみたいな感じの。そういう意味で、劇伴含め梶浦由記ファンとして最高の映画でした。UBWの劇伴は外れて、HFの劇伴にはなった意味がよく分かるというか。

桜による桜のための映画という感じだったのですが、それ以外だとやっぱりバーサーカーの戦闘シーンが凄かったです。少女の叫びに呼応して、彼女を守るため圧倒的劣勢の中で何度でも立ち上がる狂った大男、明らかにこの映画の最萌え。あとアーチャーの役どころは本当に美味しいなって。それから衛宮士郎を初めて人間だったんだなと思ったし、初めて嫌いにならないで済むかもと思った映画でした。

あとこれ、セックスシーンがある映画で、ゲームの全年齢版には無いのかなと思うのですが、このシーンが無いと前後全く繋がらないのでは……? みたいな疑問が。あれがあるからこその、その後の桜の心情と行動と思うのですが、どうなっていたのだろう。

ラブライブ! サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow

 

 サンシャインはアニメ2期以来全く追いかけていなくて、そのせいか冒頭からご当地要素とファンサービスに合わせてテンションMAXで津波のように繰り出される、いやいやそうはならんやろっていう展開の連続に若干面食らっていたのですが、もはやツッコミが追いつかなくなった辺りでそういえばこれがラブライブだったなあと。仔細は放り投げてでもやりたいこと伝えたいことを全力でというエネルギー。それによって生まれてくる高揚感。純度を高めて概念で殴るみたいな強さがあります。

そしてその物語は、終わりのその先を描いたもの。ラブライブってスクールアイドルであるからこその時間制約があって、上り詰めていくと同時に終わりに向かっている、そういう青春の一ページを描くからこその魅力があるのだと思います。μ'sの物語は、9人であるμ'sを選んだから、全部を終わらせるために映画があった。そして、Aqoursは6人で続けることを選んだ。だから、映画は、その先を、3年生の卒業という終わりのその先を描くためにある。そこにはもうμ'sを追いかけたAqoursの物語はなくて、Aqoursだけが描ける、Aqoursの物語が広がっている。アニメ1期の最初を見た時にこういうことを思って期待していたのですが、アニメ2期を経てこの映画に至り完璧なアンサー見せてもらった気分になりました。

やっていることは要は部活の代替わりで、浦の星女学院が廃校になっても、3年生が卒業しても、スクールアイドル部は続いていく、Aqoursも続いていく、でもどうやって? というもの。これからも6人で進んでいくために、3年生達と向き合って、これから先に向き合って、そこには成長した彼女たちがいるというたったそれだけのことを、目一杯の勢いとテンションと歌と踊りで、キラキラに描ききるというのがこの映画なのだと思います。新しい始まりがあって、終わるんじゃなく変わっていく、繋がっていく、新しい未来があるというシンプルなメッセージを力強くするのは、スクールアイドルとしてのAqoursの軌跡であり、ラブライブというシリーズの軌跡なのだと思いました。

いやしかし一年生組の成長にちょっと目頭が熱くなるものがあって、歳だなあと思いました。後半が本当にね、善子……お前本当に良かったなあ善子……っていうシーンだとか、ルビィが身につけた強さとそれを受けて立ち直る理亞の姿を受けてのエンディングでのワンカットとか、ちょっと涙腺がね……立派になったなって思うんだよね……。ああ、彼女たちはこうやって先輩になっていって、スクールアイドルは繋がっていくんだなと。

推理作家(僕)が探偵と暮らすわけ / 久住四季

 

 久住四季久々の新作ミステリは、美形で変人の名探偵と生真面目な作家が事件に挑むもの。生粋の変人だけどとにかく頭はキレる凜堂と、その彼に振り回される語り手の組み合わせは、なんというか、作中でも言及される通り明確にホームズとワトスンへのオマージュで、現代日本でその関係をやったものという感じです。

いきなり火事で住処を失った僕が先輩の紹介で凜堂とルームシェアを始めた際の出会いの事件と、もう一つの事件からなる二本立てですが、どちらも話としては少し小粒な印象もあります。ただ、少ない分量の中でも起きた出来事とキャラクターをきっちりと示していき、それが過不足なく組み立てられて解決へと繋がっていくスマートさは読んでいて気持ちよく、やっぱり久住四季作品は良いなと思いました。事件にもキャラクターにも、無駄と嫌味のない感じがとても好みです。

話としては始まったばかりで、この暇を持て余した変人探偵が難解な事件に嬉々として向かっていく姿もまだまだ見たいですし、それに振り回される僕の姿ももっと読ませて欲しいと思うので、今後のシリーズ展開に期待しています。

2018年の6作(マンガ)

続刊ばかり読んでいたので、2019年は少しは開拓したいな、とか。

 

魔法少女サン&ムーン ~推定62歳~ / サメマチオ

魔法少女サン&ムーン~推定62歳~ (バンブーコミックス)

魔法少女サン&ムーン~推定62歳~ (バンブーコミックス)

 

 魔法少女だったから生まれた人生のロスタイムに、老女たちが向き合うものは。だからライフ イズ ビューティフル。素晴らしい作品でした。

魔法少女サン&ムーン ~推定62歳~ / サメマチオ - FULL MOON PRAYER

 

よつばと! / あずまきよひこ

よつばと!(14) (電撃コミックス)

よつばと!(14) (電撃コミックス)

 

 刊行期間が空いても流石のよつばと! だったのですが、それよりも小春子というもの凄い破壊力のキャラクターが生まれてしまって大変。

よつばと! 14 / あずまきよひこ - FULL MOON PRAYER

 

はるかなレシーブ  / 如意自在

 青い空! 青い海! 白い砂浜! 水着! スポ根!! 百合!!! みたいな力強さ。勝負と感情。良きものです。

はるかなレシーブ 1-6 / 如意自在 - FULL MOON PRAYER

 

ボクらは魔法少年 / 福島鉄平

ボクらは魔法少年 1 (ヤングジャンプコミックス)

ボクらは魔法少年 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 性癖を煮詰めたような極地から突きつけられるのは、読者自身の固定観念。これはなんだか凄い作品始まっちゃったんじゃないかっていう。

ボクらは魔法少年 1 / 福島鉄平 - FULL MOON PRAYER

 

1518! イチゴーイチハチ  / 相田裕

1518! イチゴーイチハチ! (6) (ビッグコミックス)

1518! イチゴーイチハチ! (6) (ビッグコミックス)

 

 ナカナツ! 周回遅れ系ヒロイン!! 嗚呼、文化部の青春!!! って感じ。

1518! イチゴーイチハチ! 5 / 相田裕 - FULL MOON PRAYER

1518! イチゴーイチハチ 6 / 相田裕 - FULL MOON PRAYER


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149  / バンダイナムコエンターテインメント・升之

 素晴らしい絵と物語でキャラクターたちを、ここまで丁寧に、愛情込めてに描いてくれたらもう何も言うことはありません。原作コンテンツありコミックの理想形。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149 2 / バンダイナムコエンターテインメント・廾之 - FULL MOON PRAYER

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149 3 / バンダイナムコエンターテインメント・廾之 - FULL MOON PRAYER

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS U149 4 / バンダイナムコエンターテインメント・廾之 - FULL MOON PRAYER

2018年の10作(小説)

2018年は一時期に比べると割と本を読んだ一年で、なんだかんだ私小説読むの好きだなと思った一年でもありました。ここ数年の積本をちょこちょこと崩したので、2019年は新しいシリーズなんかにも手を出していきたいところ。


私が大好きな小説家を殺すまで / 斜線堂有紀

私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)

私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)

 

 ある小説家を神さまにした少女の、信仰の物語。あなたの神さまを思い浮かべながら、是非。

私が大好きな小説家を殺すまで / 斜線堂有紀 - FULL MOON PRAYER

 

GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ / 大樹連司

 アニゴジ前日譚第2段は、人類の絶望的な闘いを前巻以上のスケールでお届け。映画は見てなくても、怪獣モノが好きなら読んで欲しい一冊です。

GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ / 大樹連司 - FULL MOON PRAYER

 

東京レイヴンズ 16 [RE]incarnation / あざの耕平

 永き時を超え輪廻の輪が繋がる時、実は1巻からずっと描かれ続けていた、あまりにも濃い幼馴染の物語に圧倒されました。

東京レイヴンズ 16 [RE]incarnation / あざの耕平 - FULL MOON PRAYER

 

りゅうおうのおしごと!  / 白鳥士郎

 7巻も良かったけど2018年は9巻。完璧な夜叉神天衣の物語。パーフェクトです。読みたかったものがここにある。ありがとう白鳥先生。

りゅうおうのおしごと! 7 / 白鳥士郎 - FULL MOON PRAYER

りゅうおうのおしごと! 8 / 白鳥士郎 - FULL MOON PRAYER

りゅうおうのおしごと! 9 / 白鳥士郎 - FULL MOON PRAYER

 

虚構推理短編集 岩永琴子の出現 / 城平京

虚構推理短編集 岩永琴子の出現 (講談社タイガ)

虚構推理短編集 岩永琴子の出現 (講談社タイガ)

 

 語り口には様々なバリエーションがありつつ、嘘の中で理を通す、これぞ「虚構推理」という短編集。

虚構推理短編集 岩永琴子の出現 / 城平京 - FULL MOON PRAYER

 

悪魔の孤独と水銀糖の少女 / 紅玉いづき

悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)

悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)

 

紅玉いづきの描く、少女という概念。それはもう、素晴らしいに決まっている訳で。 

悪魔の孤独と水銀糖の少女 / 紅玉いづき - FULL MOON PRAYER

 

賭博師は祈らない  / 周藤蓮

賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)

賭博師は祈らない(4) (電撃文庫)

 

 物語もキャラクターも丁寧に積み重られ、こうなって欲しい展開が欲しい時に来てそれ!!! となる、読んでいてとても気持ちの良いシリーズです。

賭博師は祈らない / 周藤蓮 - FULL MOON PRAYER

賭博師は祈らない 2-4 / 周藤蓮 - FULL MOON PRAYER

 

やがて君になる 佐伯沙弥香について / 入間人間

 アニメやマンガで彼女を直視できなくなる、佐伯沙弥香という概念を純化して濃縮した危ないクスリみたいな一冊。

やがて君になる 佐伯沙弥香について / 入間人間 - FULL MOON PRAYER

 

ハル遠カラジ / 遍柳一

ハル遠カラジ (2) (ガガガ文庫)

ハル遠カラジ (2) (ガガガ文庫)

 

 人類の消えた世界を行く、病を抱えたロボットと野生児だった少女の物語。そして、家族の物語。感傷的で、美しい作品です。

ハル遠カラジ / 遍柳一 - FULL MOON PRAYER

ハル遠カラジ 2 / 遍柳一 - FULL MOON PRAYER

 

閻魔堂沙羅の推理奇譚 / 木元哉多

閻魔堂沙羅の推理奇譚 (講談社タイガ)

閻魔堂沙羅の推理奇譚 (講談社タイガ)

 

 死んだ人間が閻魔の前で生き返りをかけて自分を襲った出来事を推理する形式の短編集。高値安定のクオリティで安心して読めます。

閻魔堂沙羅の推理奇譚 / 木元哉多 - FULL MOON PRAYER

閻魔堂沙羅の推理奇譚 負け犬たちの密室 / 木元哉多 - FULL MOON PRAYER

閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のワイダニット / 木元哉多 - FULL MOON PRAYER

閻魔堂沙羅の推理奇譚 点と線の推理ゲーム / 木元哉多 - FULL MOON PRAYER


ハル遠カラジ 2 / 遍柳一

 

ハル遠カラジ (2) (ガガガ文庫)

ハル遠カラジ (2) (ガガガ文庫)

 

 病を患ったロボットのテスタと、そのロボットに育てられた野生児の少女ハルが、病を治す術を求めて、ほとんどの人類が消えてしまった世界を旅する物語。1巻が親子の物語であったとすると、これは友人の物語なのだと思います。ハルとイリナの間に芽生え始めた関係であったり、リンという女性に仕え続けたアニラであったり、テスタと旧友のモディンとの関係であったり。そしてロボットであるテスタの語りは、人間ではない論理的な思考と、AIらしからざる感情が溶け合って、非常に感傷的で美しい手触りがあります。

そう、長谷敏司による帯コメントで言われていることがまさにで、本当に狂おしく感傷的で、美しい物語だと思うのです。突然、滅びてしまった世界の中を行く、ロボットと少女。残された自然と動き続ける機械や都市。そこで出会う者たちとの会話は、基本的に過去に向かっていて、そこには滅びの匂いと、その先に続いてしまったものの感傷があります。贖罪のために子どもたちを守ろうとしたリンと仕え続けたアニラの関係とか、誰も来ない喫茶店を続ける旧世代ロボの話とか、胸にくるものが。

けれどこの物語は終わってしまった世界の中で感傷に浸るだけではありません。ロボットと彼女が育てた少女の間には、ありえるはずのない親子の情が生まれ、己の身を護ることだけで必死に生きてきた野生児は、同年代の少女との暮らしの中で、自分自身の欠けているものと、人間との付き合い方を学んでいく。人が滅びた世界で、身につけても意味があるかわからない社会性なんていうものを、それでも彼女たちは教え、学んでいく、変わっていく。いつでも、あるかどうかもわからない、未来を向いている。それが、たまらなく尊く、美しい作品だと思います。

少しずつ明らかになっていく世界にまつわる謎が浮き彫りにするのは、滅びるべくして滅びた人間たちの姿で、決して明るい見通しは許してくれません。それでも彼女たちの旅の先に、わずかでも光あれと思います。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS After20 2 / バンダイナムコエンターテインメント・半二合

 

 しみじみと良いマンガだと思います。

それぞれにアイドルとして活動をしている大人たちが、集まって美味しいものを食べて、美味しいお酒を呑む、そういうことをできる場があるということ。仲間がいるということ。それだけだと、集まって飲むだけで、ともすればぐだぐだになりそうなのですが、この作品の場合、新しい出会いと新しい挑戦が新しい世界を開くというテーマが貫かれています。自立した個人として活動していく中で、たとえ落ち込んでもそうやって集まれる場があるからこその挑戦だったり、そこから生まれる人の繋がりだったり。お互いの丁度よい距離感と、前向きさというか向上心、良い意味での意識の高さがあって、それがAfter20を冠する大人アイドルたちの物語にとてもマッチしていると感じます。

あと、この作品の志乃さん本当にカッコ良いので、CDのドラマパートでいきなり喋っても良いんじゃないかと、私は思うんですよ。ほら、次の巻あたりで、ねえ。