読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 アナと雪の女王

最初に見たのは映画館の予告編。3DCGのアニメーションで描かれるエルサの姿と『Let it go』は思わず口を開けて見入ってしまうくらいにとんでもないクオリティで、これはちょっと見なくちゃいけないと。予告でフルバージョンで流すくらいの圧倒的自信も納得というか。
そんなわけで見てきました。本編前のミッキーの古いアニメーションと3DCGを行き来する映像の時点でもうディズニーにしかできないとんでもないものを見せられていたのですが、本編入ってからもCGアニメの圧倒的具合ったら。雪の描写に氷の描写。生き生きと動くキャラクターたち。なんかもう笑っちゃうくらい凄いです。そしてミュージカルな楽曲の数々の素晴らしさも。
ただこの映画、結構ぶっ飛んだストーリーをしていると思うのです。一時間見て、その歌そういう決意表明の歌なの!? となり、そこから当初想像した着地点を遥か彼方に見失い、これどうなるの? と思っていたらまさかの結末へと。色々ネタバレになるので書きませんが、王道ストーリーで言ったらそこがそうなって、まあその路線変更はいいとして、でも最後そっち行った!? というこの気持ちを誰かと共有したくなる、みんなでわいわいしながら見たい映画でした。いや、これはこれでありだし、割と好きなんですが、でもなんかそういうのだったっけ? みたいな。
個人的には引きこもりお姉ちゃんなエルサが好きです。ところで『Let it go』はなんというか、要は隠してた趣味がバレちゃったので開き直って「ありのままで行くわ! もう何も怖くない!!」って高らかに宣言してそして引きこもる歌みたいなものだと思うのは気のせいでしょうか。