読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしいセカイのつくりかた 5 / 竹葉久美子

次巻で完結ということで、ひとつひとつ段階を踏んで少しずつ進んでいく、物語は収束していくということを感じるような一冊でした。彼ら彼女らの選ぶ道が見えてきて、そうなればこうなるだろうという結末の予測できて、でもそれじゃあ救われないじゃないか、もう少しどうにかなってくれないかと小さく祈りたくなるような気持ちがあります。
そしてこの作品、相変わらずさくっと踏み込むようなどろっとした生っぽい人間関係を描きながらも、芯の部分が凄くドライというか、それぞれに割り切った感じがあってすごく好きです。すっきりとした絵の印象も相まって、とても綺麗に作られた作品だと思います。