読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘々と稲妻 1〜3 / 雨隠ギド

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(3) (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(3) (アフタヌーンKC)

妻を亡くした高校教師が5歳の娘のために慣れない料理を作ろうと教え子の女子高生と奮闘するというお話。なんというか凄いドリーム設定的なやつ来たなと読む前は思っていたのですがそんな不純ものではなく、娘のために一生懸命な父と、幼いながらも健気な娘と、やっぱり健気な女子高生の三人が三人とも可愛くて愛おしい素敵な作品でした。
大変な状況のはずなのにすごく前向きで、美味しいものを作ろうと頑張って、それを美味しいと飛び切りの笑顔で食べて、何かそういうちょっとした優しさというか、硬くなった心を溶かすみような柔らかさが3人の間に流れていて、大変涙腺にきます。というか私はこういう話に弱すぎて読んでる間中ボロ泣きしていて大変だったという。そしてころころと変わるつむぎの表情がまた素晴らしくて。
そんな感じに素敵な作品でした。ただまあ、女子高生が料理教えてくれて幼い娘の笑顔のためにご飯を作るんだったらそれはもう頑張れるよね! と思わなかったと言ったら嘘になりますが!