読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリフターズ 4 / 平野耕太

読んでいる最中に何度も「おっもしれー!」と叫びそうなくらいにテンションの上がる一冊。オルテを落とすための無血クーデター計画が崩れ、そこからの戦の勢いたるや。ドリフやエンズは各時代、各国のなにか飛び抜けた人たちなのですが、それぞれに背負ってきたものがあり、考え方があり生き方があって、それがブレることはない。だからこそ、全然別の理屈がぶつかり合ったり、交じり合ったりするというのは、この設定だからこその面白さなのだと思います。島津豊久vs土方歳三。数百年を超える幕府と薩州の因縁を巡る戦い、この熱量は凄まじかったです。