読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高雄統子監督らしいシリアスで攻めてきた6、7話から、蘭子回として申し分のない出来だった8回、ユニット回として軽く楽しく見れる9回と、シンデレラガールズのアニメが本当に出来が良くて尊さを感じる毎日です。分割2クールらしいですが、1クール目の終わり方が本当に良い(とプロデューサーミーティングニコ生で言っていた)らしいので、楽しみに待っていたいと思います。


先週は現メンバー構成ではラストになる石鹸屋のライブを見に行っていました。東方アレンジを聴き始めたきっかけは、Flowering Nightのライブ映像で石鹸屋を見たことだったなあと。東方アレンジというシーンにはこんな曲を演るこんな人達がいるのかと衝撃だったことを覚えています。
解散ライブではないのですが、ある意味ラストライブに当たるのだろうなあと端々に思わせる何かと、初期曲から代表曲に寄せられてひたすら激しい曲を並べたセットリストに生き様を見るライブでした。聞きたかったあの曲やこの曲が本当に全部入りで聞けたので満足。色々言いたいこともあるだろうところを、そこには触れないあたりが逆に本当に最後なんだなと。少ない言葉だけ残して去っていったhellnianの背中が印象的なライブでした。


そして今週は岸田教団のライブで私は今いつの時代を生きているのかわからなくなってくるという。