読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZAQ LIVE TOUR 2016 「NO RULE MY RULE」 10/22@STUDIO COAST

感想 ライブ/イベント

ZAQライブは最高に楽しいと毎度毎度言っているのですが、今回も本当に楽しかったです。ライブハウスで、様々な色があってどれもキャッチーなZAQの曲と、それを一つに繋ぐZAQのパフォーマンスと、めっちゃ上手いZAQ JAPAN(バンド)があれば無敵! みたいなやつ。色々とライブを見に行っている昨今ですが、細かいこと考えずに楽しいいいい!! ってなっているライブとしては私の中でZAQのライブが図抜けてると言ってもいいんじゃないかなと思います。
開幕『NO RULE MY RULE』から『絶好調UNLIMITED』『Alteration』『行きたいイベント重なりすぎてコンプできないオタク葬送曲 feat.遠藤ゆりか』へと続くいきなり全開のセトリで始まり、本家より先にライブでカバーが披露されるという『ヴィヴァーチェ!』あり、Pとしては最高に高まるミリオンライブカバーメドレーで本家でも聞いたことなかった『追憶のサンドグラス』を聞き、中盤はアッパーなだけじゃない色合いを見せて、インストの『僕たちはひとつの光』で合唱し、『GLITCH』のゴリゴリのラップも楽しかったし、『KURUIZAQ』『カタラレズトモ』『Seven Doors』『ONE WAY ROAD!!』という終盤の畳み掛けも最高でした。
ZAQという人はソングライターとしては凄く職人的で、アニメ作品にかなり入れ込んだ曲を作ってくる人だという印象なのですが、今回のライブでそれは間違っていないけどちょっと違うんだなと思いました。どんなアニメの曲を歌っても、どんなにその作品に寄り添ったとしても、この人は自分の言葉で自分の歌を歌っているんだなと。MCでライブができないかもしれなかい状況だったという喉の不調の話があって、アンコールはもうやれないから最後の曲だと歌いだした『hopeness』。そこに込められたものに、これは紅殻のパンドラというアニメの曲であると共に、ZAQZAQの言葉で歌うZAQの曲であるんだなあと、このパフォーマンスは目と耳に焼き付けなければならないやつだと思って見ていました。
私は提供曲含めてソングライターとしてのZAQは本当に天才だと思っていて、それでも本人が歌う曲が特別好きなのはどうしてかと思っていたのですが、何だかそれがようやくわかった気がしました。この人はどこまでも自己表現の人で、だからZAQの曲はZAQが歌わなくちゃいけないんだと。
喉の不調でシングルの発売が延期して、いつ次のライブができるのかもわからない状況なのかもしれませんが、それでもこの人の歌をまた聞きに来たいと思ったし、次のライブを楽しみに待っていたいと思います。