読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワルキューレ 2nd LIVE in 横浜アリーナ「ワルキューレがとまらない」 1/29

 

ワルキューレがとまらない

ワルキューレがとまらない

 

こういうのが見たくてコンテンツのライブに来ているんだよ! と言いたくなる素晴らしいライブでした。あのステージの上で、ワルキューレの5人は演者自身であり、キャラクターであり、そしてこのコンテンツの一番のファンであって、だからこそそこに物語が生まれるのだと思います。アンコールで作品やキャラクター、そして仲間である他のメンバーのことを涙ながらに語る5人の姿に「あーーーー」って。

そしてまたパフォーマンスと演出が見る前に想像をしていたものから数段上のレベルにあってびっくり。なまじ声優=キャラクターコンテンツ色々見てきていて、2ndライブならこんなイメージかなというのがあっただけに、始まって数曲の間あまりに予想以上のものが出てきてぽかーんと見ていたような感じです。とにかくワルキューレの難しそうな歌を生バンドに合わせて当たり前のように歌って、当たり前のように踊って、当たり前のようにハモっているのが衝撃的で。ちょっとこの世界の当たり前レベル上がり過ぎじゃないですかねと思います。

それから、あの5人が本当にワルキューレなんですよ。JUNNAと鈴木みのりは彼女たちが歌えばそれが美雲でフレイアという感じで、JUNNAはそりゃあ上手いだろうと思っていたけれどそれに引けを取らない鈴木みのりにびっくり。そして私はあの声質で伸びやかに歌うのがめっちゃ好きです。その2人がパフォーマンス的にツートップで、一歩引いたお姉さんポジションに安野希世乃がいて、キャラクターに徹する西田望見東山奈央が脇を固める。もう立ち位置から何から完全にワルキューレ。あとアンコールの「ワルキューレがとまらない」の時に目の前のセンターステージで奥から目一杯走ってきてくるっと回った鈴木みのりは完全にフレイアでした。本当にキャラクターとのシンクロ率は高かったと思います。

あと、これまでシンデレラガールズのライブでしか見たことのなかった安野希世乃の透き通ってとてもよく伸びる歌声にびっくりしました。ああ、この人こんなふうに歌う人だったのかと。間違いなくCDの音源の時よりずっと上手かった。そしてメッサーの最期をバックに背負いながら歌う「AXIA〜ダイスキでダイキライ〜」から「GIRAFFE BLUES〜Kaname Solo Requiem〜」の流れでの感情の入れ方が凄かったです。ワルキューレのメンバーのことを想って歌ったという鈴木みのりの「God Bless You」もそうでしたけど、感情表現にやっぱりこの人たちは役者なんだなあと思わさせられました。

他にも演出だったり豪華なゲストだったり書ききれないくらい見どころがあった、本当に見ることができて良かったと思うステージでした。ライブが終わってからワルキューレのアルバムを聞き続けているのですが、ライブ前とは全然違って聞こえるくらいに曲の印象さえも鮮やかに塗り替えていった、素晴らしいライブだったと思います。