読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少女妄想中。 / 入間人間

 

少女妄想中。 (メディアワークス文庫)

少女妄想中。 (メディアワークス文庫)

 

「私のこと、ちゃんと恨んでますか?」

 入間人間で表紙イラスト仲谷鳰と言われると、めっちゃ百合な作品なんだろうと思うのですが、自分だけに見える相手の背中を追いかける少女と彼女を見続けた友人の話「ガールズ・オン・ザ・ラン」、白昼夢のような世界で少女に出会う話「銀の手は消えない」と、百合っぽくはあるものの入間人間らしい、少し不思議で理由はないけど実感はあるみたいな話が続きます。なので、これはそんなに百合百合してはいない作品なのだなと思ったら「君を見つめて」がやばかった。そりゃあ表紙はこの話だわと。

まるで世捨て人のような叔母の店に足繁く手伝いに来る姪の話なのですが、彼女は物心付く前に振り回した玩具で叔母の片目を傷つけ、視力を奪っている。二人の関係の最初のところにそれはあって、それを軸にしながら別の感情で惹かれていく姪の話で、これが非常に良かったです。

入間人間の百合というと「安達としまむら」で、あれは安達としまむらの考え方の違いから、平和な日常の裏でもういつ崩壊してもおかしくないような緊張感があるのですが、こちらはもうインセストタブーど真ん中であるにも関わらず、どこか飄々と、淡々とした感じなのが特徴的。たぶん、達観したところと幼さを併せ持った、まさに世捨て人的な性格の叔母が受け流すからそう見えるのだと思うのですが、かなりグイグイ来る姪が踏み込んだ時に一瞬垣間見えるザラッとした領域、みたいなものがあってざわっとします。そして彼女は、ふざけたように受け流すし、好きになる人は選びなさいと諭しもするけれど、拒絶をすることはない。

二人の関係の核には常に彼女が彼女を傷つけたことがあって、だから姪はまるで確かめるかのようにそれを踏みさえする。でも、彼女たちを繋ぐのは傷ではあっても、そこに暗く淀んだものは感じられません。そうでなければ現在はなかったと、失ったものも手に入れたものも、そういうものとして生きていくのだと彼女は言う。

だからこれは、傷と諦念と初恋の情熱と不思議な前向きさでできた、少し変わった、とても素敵な物語だと思います。良かったです。