私に天使が舞い降りた! 1-5 / 椋木ななつ

 

私に天使が舞い降りた!: 1 (百合姫コミックス)

私に天使が舞い降りた!: 1 (百合姫コミックス)

 

 前クールで上田麗奈が出るしちょっと見ておくかなと1話を見たら、気がついたら毎週5回くらいリピート再生して私の生活を支えていたことでお馴染みの「わたてん」こと「私に天使が舞い降りた!」ですが、アニメの放送が終わるまでは手を付けないようにしていた原作を読んだのでこの辺りで感想を。

内容は大学生のみゃー姉とその妹のひなた、友達の花、ノアがメインになって繰り広げる日常コメディなのですが、もうこの時点で10代で膝に苺ましまろを受けた身としてはキャラクター配置に、ああ! となってしまうのでいけない。アニメは可愛さ増し増しに作ってきた上で、一迅社CMで「かわいいは正義2019」ってキャッチコピーを持ってくるんだからもう確信犯でしょう。

そしてこれ掲載誌が百合姫なんですね。この手の作品は微百合な空気感を持っていることが多いのですが、そうとも取れるとかじゃなくて、もう清々しく百合なんでそう思ってくれて大丈夫だよ! っていう心強さがあります。

そんなおねロリ百合コメディを標榜するわたてんですが、可愛くて幸せな世界と言いながら、若干の闇が透けて見えるというか、ううん? となる部分があるのが良いのです。直球だと松本のみゃー姉へのストーカーっぷりが普通に犯罪だったり、みゃー姉の花への態度が犯罪スレスレだったりするのですが、他にもみゃー姉の人見知り&社会不適合っぷりのこれほんまもんやって思わせ部分とか、この関係はいつか破綻するのでは思わせる各所のカップリングだとか、こう、端々に。スク水は苦手っていうみゃー姉、その後判明する痛々しかった中高時代をあわせて考えると、ああなんかあったんだなって、うん、みたいな。

アニメの方はキャラデザ的にも可愛さ増し増しの百合成分増しでお届けしているので、余計に極端から極端へのコントラストがあって大変によろしいです。砂糖をたっぷりまぶされているだけだと甘くて胸焼けするし、苦いだけじゃとても食べられないけれど、組み合わせることによって引き立て合って輝きを増すみたいなところがあるじゃないですか。ちなみに原作の方はこの辺りが過剰にならずにもうちょっとナチュラルな塩梅で描かれているのですが、逆にちょっとリアル感がある中でそういう部分が見えるのもこれはこれで……という良さがあります。味付けの違い。

そんな感じで大変よろしかったわたてんですが、やはり最大の魅力は公式が最大手な作中カップリング。ということでここからはカップリングについての感想を。

 

・ひなノア

ジャスティス、圧倒的ジャスティスです。この太陽と月の組み合わせ感、無自覚イケメン少女×わがまま努力家系少女の組み合わせが最高です。ひなノア、基本的にノアの心情が移り変わっていくだけで、ひなたの方は何も変わらないのが良いと思うのです。

私が一番可愛い! と言って憚らないノアが、花ちゃん一番なみゃー姉の前に撃沈して落ち込んでるところを、ひなたが慰める(イケメン)なところが初期段階で、そこからノアの気持ちが次第にひなたに向かっていくのですが、みゃー姉禁断症状を起こしたひなたをノアがみゃー姉のコスプレをしてお世話する辺りでノアの心情が一線を越えます。

というかまず、登場キャラクター中ではでは大人びた思考をしていて、おしゃれ大好きなノアがみゃー姉ジャージを着ている時点で何が起きたって感じなのですが(別のシーンでジャージ着させられて落ち込んでる描写あり)、そこにはそうまでしてひなたの気を引きたいという心理的な天秤が働いていた訳で。その結果があの「ヒナタちゃんがすごいベタベタしてくる…これ良い!!」に繋がる訳で。

そしてそのノアをひなたが「みゃー姉」として受け入れるまでにある逡巡、そして本物のみゃー姉が解禁された時は瞬時にノアを捨て、そしてイケメン顔でみゃー姉と同じくらい好きなノアだから代わりになれたんだと宣うまでの流れ。お前最低に天然ジゴロやな! って感じですが、この歪みがひなノア、That'sひなノアって感じでしょう。ノアちゃんの心理状態ジェットコースターですよ。自分は代わりだってわかっているけどひなたが好きなんですよ。あんなに聡い子がもう理屈じゃないんですよ。

しかしまあ、星野ひなた、思考と言動と行動が全てイコールで結ばれるタイプの人間で、適当だけど基本的に優しいので誰にでもイケメンだし、それでもみゃー姉が刷り込み的に至上で、次に友人である花とノアが大事であるという価値観はずっと変わらない。そこはノアの感情とは決定的にすれちがっているのです。

で、この後ノアひなデート回という尊さが天まで届く回があるのですが、おめかしをしてきたノアに対してひなたがボーイッシュな格好で出てきて最高のイケメンムーブをかますんですね。でも多分星野ひなた、ノアがそう望んでいることを無意識に察知して、そう振る舞っているだけで、それ以上の特別なものはなさそうなのがタチが悪い。でもそんなことされたらノアの気持ちは天まで昇りますやん。そういうとこだよってノアだって言いますわそんなの。

星野ひなたって天然で天才なんですよ、何も難しく考えないけれど、ただ単純にそうあるだけで誰かの太陽になれる。でも、ノアって可愛い可愛いと言われて育って自分でもそう思っているけれど、そうあるために天性のものはあれど考えて努力をするタイプなのだと思います。そして彼女は承認を必要とする。それだから、そんなノアだから、ひなたと触れる中で愛情と依存と羨望が入り混じりながら惹かれていったんだろうなと思うと、仮りそめでもその関係が逆転した時に何か歯止めが壊れたんだと思うと、やっぱひなノア最高じゃねって思います、はい。

さて、そんなひなノアですが、なんか多分本番はもう5~10年後だと思います。ひなたがノアに向けられた感情がそういうものだと気づくタイミングと、みゃー姉離れをするタイミングが来た時に、ノアに対してどういう気持ちを向けるのか。徹底的に一方通行で成立していた関係が初めて双方向になった時、たとえそれがどちらに転ぶにしても、その瞬間が見たいので誰か描いてくださいお願いします。

 

・みゃー花

人見知りで友達いない半引きこもりな大学生のみゃー姉が一目惚れ(自覚はない)した相手は小学生でしたという時点で事案の気配がするカップリングですが、お菓子を食べさせる代わりにいかがわしいコスプレをさせて写真を撮っているのでもうだめです。

しかしこう、みゃー姉は明らかに欲望の混じった想いを花に当てて花はドン引きするのですが、まさかそういう感情だと本人が分かっていないのは、まずいと思っているからこその自衛なのか単にコミュ力が破綻しているのか。

そして花の方も、賢そうな顔をして3人の中では一番子供というか、アホの子というか、お菓子に対してピュアすぎる熱意をぶつけた結果として、お菓子供給源のお姉さんに懐くみたいな過程を経るので、なんだかよくわからないけどカップリングが成立してるみたいな感じ。あの噛み合っていないけど一見美しいプロポーズ(便宜上)のシーンがこの二人の今を象徴しているのかなと思います。

まあでも、自分を売って対価(お菓子)を得ることを覚えてしまった花ちゃんはこのまま大きくなるとちょっと危ないんじゃないかなって思うので、やっぱりみゃー姉は責任を持って一生花ちゃんにお菓子を作り続ければいいのでは。

 

・かのこよ

原作では物心付く前からの幼馴染で一緒にいるのが当たり前の2人という感じですが、アニメでは完全にカップルだったよね君らっていう。特に夏音が小依に向ける感情が違うっていうか、重みが……。

 小依の方は単純に幼馴染として夏音を見ている感じで、行動原理も頼られたい褒められたいチヤホヤされたいとシンプルだけど、本人の実力が追いつかないから空回りっていう子なんですが、それを全部フォローしていく夏音はまた違う感じ。というか、小依がフォローされることで夏音に頼っている割合よりも、夏音が小依を助けることで逆依存している割合が高いのではっていう、共依存感があります。私が助けると、いざという時は助けてくれるという夏音の想いが呪いのように2人を縛っている感じがして。

小依はキャラソンなんかを聞いても、自分が足りていないことも分かっていて努力をしないといけないと前向きなだけに、夏音の愛が小依の成長をスポイルしないかなと、そんなことを思うのですが、これ絶対小学生に対して考えることじゃないよなという、この、なんだろう、深淵がある。

でもその2人で完結した世界がパーフェクトワールドっていう感じで魅力なのもまた事実で、2人で閉じて、2人で沈んでいく、沼のようなカップリングだなと思いました。そこにたぶん幸せはあるよ、たぶん。