86 -エイティシックス- Ep.6 明けねばこそ夜は永く / 安里アサト

 

 この作品がレギオンとの戦争と同時に少年少女たちを描く物語であることを、改めて感じた1冊でした。表紙の2人、君たちこのことだよ。

連合王国編の最終巻、追い詰められた連合王国が、命運をかけて望むレギオンの拠点となった竜牙山の攻略作戦。限られた戦力で十分な援護もない中それに当たるのは、当然の如くシンたち機動打撃群と、ヴィーカの<シリン>たちで。

更に進化した高機動型レギオンとの戦いや、熱気渦巻く火山内での戦いなど見どころも多い巻ではありますが、印象的だったのはやはりエイティシックスたちの迷い。闘い抜く誇りのみを胸に、最終的な死が定められた戦場を生き抜いてきた彼ら彼女らに、死した後に生者のために闘う<シリン>たちの屍を積み重ねてそれを是とする様は、己の写し鏡のように見えて、けれど自分たちはそうではないと思わなければ「生きる」ことはできなくて。

先の闘いでの<シリン>を見たことで生まれたシンの迷いと、同じ戦場に立ちながらも明確になったエイティシックスと普通の人、つまりシンとレーナの断絶とすれ違いが延々と描かれていく訳ですが。同じではなくても理解して認めることも、違うと分かった上で望むこともできる、未来に希望を描き、ここから同じ時を「生きる」ことができるとなっていく訳ですが。

いやでも、この2人、似てない? あらゆる意味で似てない?? むしろそっくりでは??? という思いが読むほどに強まっていくこの感じ。そして激しい戦闘の中で取ったお互いの思考、お互いの行動から、本当にお前らそっっっっっくりだな!!! となる感じが楽しかったです。

よくよく考えてあの共和国の時代をああやって闘い抜いたレーナがまともな訳がないし、シンは86区にいた頃から100%人間辞めれてたわけではないし、根っこの部分は君ら本当によく似てるよなと。だからこそお似合いだし、相変わらず対レギオン戦線は絶望的な状況であったとしても、この2人なら大丈夫じゃないかと根拠のない希望を抱けたりもするっていうものかなと、思いました。