読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unbalance by me -Kanon Wakeshima Live Tour 2016-@Zepp DiverCity TOKYO

前回のTUKINAMICツアーの東京がSHIBUYA CLUB QUATTROという大きくはない箱で、発表された時正直「え、DiverCity埋まるの?」と心配だったのですが、座席ありとはいえSold Outしていて、出てきてそうそう分島さんが「ほんとうに私のワンマン!?」とめちゃくちゃ驚いて嬉しそうにしてて、なんかそれだけでもう一つの物語というか満足感半端無かったというのは置いておいて。
バンドにホーン・セクションありで本人はチェロも弾くというリッチな編成で、ジャズからポップス、ロックまで幅広く分島花音の音楽が楽しめる良いライブでした。とにかくステージ上の人たちが楽しそうで、それを受けてか客席もどんどん盛り上がっていって、落ち着きはあるのだけど皆で音を楽しんでいる感じが心地よい、音楽って楽しいなと心から思えるライブだったように思います。
そして、元気さとかフレッシュさとかそういう陽性さで押すのではなくて、ネガティブで内向きでちょっとこじれた感じのする人が、それでもどうしようもなくこの場で私を見てと表現することしかできない時に、あのすごくニュートラルな分島花音だけの音楽が立ち上がってくる感じが好き。刺さるというか響くというか、なんだか救われる感じがするのです。『RIGHT LIGHT RISE』でよくわからないけど泣いてたし、『ツキナミ』でも泣いてたし、『Unbalance by Me』もめっちゃ泣いてた。
ライブってとにかくアガって騒いで楽しい! というものもあれば、エンタメショーとしての完成度でぶん殴られることもあり、はたまたこの人を応援して行先を一緒に見るんだと思うこともあり、色々な楽しみ方をできるものだと思います。ただその中でもこの人のライブは、すごく個人的に、これは私のための音楽だって思わせてくれるライブで、それは特別なんだと改めて感じました。

分島花音という人はシンガーソングライターでチェロ弾きでイラストも描けて衣装デザインもして、本当に表現の才能に溢れた人だなあと思うのですが、そんな人でも経歴的にここまで紆余曲折あって、ここ数年アニソンを手がけ始めたというところ。それでこの人は、アニメ用に考えて生み出す「脳の音楽」と衝動で生まれる「心臓の音楽」という言い方をするのですが、それが周りからはどうもとてもアンバランスなものに見えているっぽくて、というところからの『Unbalance by Me』ということのようで。
確かにイメージ的にこれだけアーティスティックな自己表現の強いタイプの人が、アニメタイアップだとあれだけきっちり作品の世界観に合わせてアニソンらしいものを出してくるのが不思議といえば不思議ではあったのです。アニサマみたいなところでも、「アニソンシンガー分島花音」をきっちり作っている感じが少し無理しているようにも見えて、大きな舞台よりも小さいライブハウスのパーソナルな表現が似合う人なんじゃないかなと思うこともあったり。
ただ、今回のライブを見て、本人が言うようにやっぱりそこは全部ひっくるめて、分島花音が表現するものは分島花音の表現なのだと思いました。見ているこちらが勝手にこっちの方が、あっちの方がと思っていただけで、アニソンフェスで歌ったことも、ライブハウスでの表現も、脳の音楽も、心臓の音楽も、そこに何一つ嘘はなく。
それでその『Unbalance by Me』という曲で

「あなたを崩したいの/あなたを動かしたいの/あなたをわたしのバランスの行方にさせて」
「あなたが謳えるように/あなたと歌えるように/この光景を世界の真ん中にしたいんだ」

と歌われたらそれはもう、ねえ。