読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小林さんちのメイドラゴン 1~5 / クール教信者

感想 ☆☆☆☆ マンガ

 

「小林さんが無自覚なほど私は嬉しいです。そんな簡単に私を救ってくれる人がいるんだって」

アニメが思いのほか良くて原作を一気読み。

私の趣味のど真ん中に、はみ出し者たちの寄り合いみたいなやつというのがあって、あと人外と人の絆みたいなやつも好きで、まあ要するに好きな要素のかたまりですよねこれ。

そんな訳で傷ついてこの世界に逃げ落ちてきたドラゴンのトールを、小林さんが自分のところに迎え入れて始まる異種間コメディマンガ。命を救われたトールが小林さんLOVEの一念で色々頑張ってたり、人間を下等種と見下した終焉をもたらす竜のくせにわりと人の生活に馴染んでたり、あと他にも竜が出てきたりして、価値観の違いでトラブルもありつつなんやかんや賑やかで平和な日々を過ごすという感じです。トールがメイドなのは小林さんの趣味。

そしてこれ、ほのぼの可愛いギャグと思わせつつ、凄くザラッとした質感というか、こうダウナーなマイナス方面の空気が満遍なく漂っているんですよね。トールが死にかけていたところや、そもそもの生まれや置かれてた環境だとか、それによって彼女が抱えている脆さや傷だったりとか。ドラゴンと人の間のなんだか埋まらない溝だとか。小林さんにどこか漂う諦念とか。でもそういうのも全部含めて、彼女たちは一緒にいる。そうやって身を寄せ合って今この世界で生きることができる。

小林さんは人との関わりが根本的に不得手で、友だちはいても親友はいなかったというのを気にしている節もあって、でもその不干渉さがトールやカンナを救ったところはたしかにあって。そして彼女たちは一緒にいることで変わってもいく。

それからまた、トールたちからすれば、そうであることを定められて闘い続けたそれまでの先に、こういう世界があった。ご隠居さんみたいとトールがカンナに言われていますが、終わった先の安寧、みたいなものがまたすごく好みです。この話、正直トールが死ぬ間際に見た永い安息の夢で会ってもおかしくないんじゃないかというくらいで。イルルの話に特に顕著ですけど、ドラゴンたちにとってこれは赦しと救いの物語なのだと思います。その良し悪しは置いておいても。

結構雑だったり下品だったりなところも多いのですが、そのくらい肩の力が抜けているのがこの作品らしいなと。決して優しい物語という訳ではないと思うのです。すごく突き放した感じがあって、でも同時に何があったって広く受け止められているという感じもする。大丈夫だよと言われているような。好きです。うん、これは好き。