読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!! 3/11・12・13 @ 日本武道館 その2

感想 ライブ/イベント

その1はこちら。

 

アイマスのステージを楽しむポイントは、ライブパフォーマンスだったり、役者としてのキャラクターの表現であったり、自分の好きなキャラや曲が来た時の喜びだったり、それを表現してくれたキャストへの感謝だったり、他にもPの数だけあるように思います。そんな中でも個人的には、最高の醍醐味はキャストの気持ちが見える瞬間だと思っています。

楽曲、キャラクター、舞台への思い入れからくる気迫、何かを背負ってそれでもステージに立つ姿、キャラクターをそこに顕現させるんだという役者としての矜持。そういう魂のような、生き様のようなものが見える瞬間がたまらない。特に、キャラクターという存在があるこういうライブだと、自分自身としてステージに立っている時には出てこないものが表出するのが熱いと思います。

 

それは置いておいてミリオン4thの楽曲ごとの感想を箇条書きで。語彙力の保証はできかねますのであしからず。

 

・まず最初にロコが中村温姫さんで本当に良かった。あの愛嬌と小動物感最高です。「IMPRESSION→LOCOMOTION!」ああロコやわーと思いながら見てました。

・ナンスがどんどん垢抜けていく気がする「Happy Darling」。可愛い。

・「恋のLesson初級編」LOVEらぶりーまちこのコールの大きさにちょっと笑った。

・「ランニング・ハイッ」とにかくライブで盛り上がる曲だなあと。楽しい。

・念願の「アニマル☆ステイション!」を聞きながら、脳裏をよぎるジャパリパーク

・角元が痩せてる! 頑張った! 素敵だった!(だれらじ民の感想)

・「微笑み日和 」めっちゃ気持ち入ってて良かったです。郁原ゆうさん、歌もうまかったし、エミリーを大事にしていることも伝わってきてとても良かった。

・「りんごのマーチ」はダメです。あれは泣きます。田舎に帰りたくなる(東京生まれですが)。あと田村奈央さん、前回は固かったMCで真価を発揮しててこの人面白い(変な)人だと思ったのは今回の大きな発見。

・「創造は始まりの風を連れて」シークレット。揃えるか、そうか、じゃあ3日でTA3曲やるんだなと覚悟しつつ。やっぱりこのメンバー出てくると格が違うなと思うところもあり。

・「Emergence Vibe」めっちゃ良かった。これはまた見たい。角元頑張った。

・「fruity love」ロコー!! かわいいよーーー!!! ロコーー!!!

・「Growing Storm!」こっちは予想も何もないところから来た不意打ちシークレット乙女ストーム。山崎はるかが出てきた時の圧倒的な安心感と、これぞミリオンって感じが、これがセンターの力……と思いました。つよい。あとこのメンバーに普通に引けを取らない阿部里果さん何者なんだ。

・「DIAMOND DAYS」サビ入りのううううううういええええええのコールのタイミングを掴み損ねること多数。それは置いておいて晴れやかなエンディング感ある曲だなあと。

・「夕風のメロディー」近藤唯さんはもとより可憐本人かと言う感じなのですが、可憐らしさを失わずに、キャラクターと共にしっかり成長していているのが伺えて良いです。

・「Maria Trap」最初のMCで突然客席に7か条を振って、Pがちゃんとソラで答えたのも天空橋騎士団の練度に戦慄しましたが、そこでやったてことはこっちですよねーと。大好きな曲なので嬉しい。あとこっこさんMCも含めてアイマス愛が重いなって。

・「Raise the FLAG」ゆきよさんの歌声が映える曲。カッコよかった。

・こんなに柔らかく歌われている「Precious Grain」は初めてみました。

・「待ちぼうけのLacrima」圧巻。2日目ベストアクト。すげえ……と最高……以外の語彙を失いました。愛美のイケボもぴらみさんも良かったけど、この曲はとにかく駒形友梨、すごい才能だと思う。推さなきゃ……。

・戸田くんは上手いわけじゃないと思いますが、不器用が故に自分の全てをステージにぶつけてくる生き様の人で、それが本当に良いです。噛みしめるような「Get My Shinin'」、今回も最高でした。

・3rdの「アイル」や前日の乙女ストームでも場数の少なさを感じさせない堂々たるパフォーマンスに化物かと思った阿部里果さんがこんなに固くなるなんて思わなかった「POKER POKER」。明けのMCで泣きはらして出てきたのも含めて驚きと、4年越しの周年ライブ披露の重さ、真壁瑞希だからこそのポーカーフェースの裏にあったものを見ました。

・「流星群」バンドリの副次効果かギターがめっちゃ上達していて思わず笑っちゃいました。今まではギターも弾くことができるっていう感じだったのが、この日の愛美は完全にギターボーカルでした。

・本人の中で上手くいかなかったという3rdを乗り越えて、万感の「vivid color」。MCのこれでまた紗代子と手を繋いで歩けるという言葉まで含めて、最高のパフォーマンスだったと思います。ほんと駒形友梨やばいって。

・「赤い世界が消える頃」この歌単純に好き。よい。

・「星屑のシンフォニア」は左側でべいと野村が並んで歌っていてですね、それを見てふいに涙がこみ上げてきてちょっとやばかった。思ったより私の中でだれらじの存在がでかいということを思い知った一曲。野村とべいはMCでもだれらじテンションで喋れていて良かったと思います。周りを見て気を使えて人のために泣けてちょっとうるさい野村人格者だなって。

・雨音のSEからのシークレットで「Flooding」。聞ける日を待ってた。まっすぐな声が重なることで歌声がただただ強くなる感じ、最高にクレシェンドブルーだなって。

・「Starry Melody」2曲目から既に醸し出される大団円感に、これは今日はやばいぞ? って。

・「Heart♡・デイズ・Night☆」茜ちゃんは本当に茜ちゃんで唯一無二だなと。

・役者としての稲川英里が大神環を決して外さないのは凄いと思います。「ホップ♪ステップ♪レインボウ♪」はもちろん、「ジレるハートに火をつけて」みたいな環とはイメージが外れる曲でも、声と表情で常に環を表現しているのがヤバい。

・もちょは相変わらず全てがハイクオリティで「トキメキの音符になって 」も良かったのですが、とにかく最後のMCで感動しました。めっちゃ良いこと言っていた。

緊張しないと言っていたもちょが、緊張するようになって、リーダーのプレッシャーも経験して、そしてまた緊張しなくなったと言っているのが尊かった。ああ、もちょが人間になったと。

・「リフレインキス」これはめっちゃ好きな曲。しかしもう雨宮天上田麗奈も表情がちょっといけませんねこれは……。

・「フェスタ・イルミネーション」これもめっちゃ好きな曲。諏訪彩花はまつり姫をいつも高次元で表現していて素晴らしいと思います。手が長いのでステージ上の動きも映える。

・「素敵なキセキ」自由に動ける権限がこの人にしかないのかもしれないのですが、とにかくステージの使い方や客席への煽り含めたステージングが一人別次元。山崎はるかすげえなって。あとPが歌うパートが増えていく。

・「ハッピ~ エフェクト!」宮尾美也はこれなんですよって曲を、ちょうちょさんがすごく大事に歌っていて素晴らしかったです。ふわふわした曲なのですが、最後のところで抑えきれない熱がこもっていく感じ、ぞくぞくしました。

・「dear...」のイントロであれだけ沸く辺り愛された曲なんだなあって。高橋未奈美も歌上手い。あと髪の色と髪型をこのみさんに合わせてきたの、やっぱいいなって。

・最高of最高以外の語彙力を失った「Sweet Sweet Soul」。楽しい。楽しすぎるやばい。フリースタイルラップもばっちり。

上田麗奈が完全に高坂海美を降ろしきっていた「恋愛ロードランナー」。ずっとうえしゃまはシャーマンだと言い続けてきましたが、本当にねえ。稲川プロが役者だとするとうえしゃまはシャーマンなんですよ。なるべくしてこういう仕事をしているというか、ちょっと生きているレイヤーが違うというか。

・「Up!10sion♪Pleeeeeeeeease!」テンション上がるヤバい。というか3日目のセトリが私を殺すやつだってことに薄々気が付き始める。

・ちょっと柔らかさの見える「ライアー・ルージュ」。これも劇場版を経た志保さんなのかなって。

・「メメント?モメント♪ルルルルル☆」BPMが早い。楽しい。

・「俠気乱舞」これも大好きな曲なんですよ。愛美がイケメンすぎた。死ぬ。

・「ジャングル☆パーティー」うんばばあああああああ!!! ちのうをうしなった。

・「little trip around the world」かわいい

・「PRETTY DREAMER」つよい

・「瞳の中のシリウス尊い

・「ジレるハートに火をつけて」これも大好きな曲なんですが、この日は感想の台詞の部分、そして藤井ゆきよのMCですよ。5人の灼熱少女。それに尽きる。

・「君との明日を願うから 」あまり凝った演出を入れてこないミリオンが、ゲッサンの物語を完全に踏まえて持ってきたこれ。結果、集大成の武道館という意味を一番抱えた曲になりました。そしてユニットトリ曲、信号機によるここまでのミリオンの総括でもあって。なんかシンデレラ3rdとかμ's3rdとか、ああいうのを見てる気持ちになって、そうだよこういうのなんだよって泣いてた。

・「Brand New Theater!」初出し新曲なのに曲開始数秒での「いぇえええええい」が完璧にそろうプロデューサーに戦慄。

・次のステージを見せた後での「Dreaming! 」。そうだよ現在進行系なんだよ今まさに夢を見ているんだよっていうのがあって、この3日間でも最高の「Dreaming! 」になっていたと思います。私たちがミリオンスターズです! に誇らしさが滲んだように聞こえた。

・36人の「Thank You!」までは想像してた。だからぞろぞろと出てきた時もやっぱりやるのかと思った。でも3Dモデルで琴葉が踊るというシンデレラしかやらないだろうと思ってた演出をここで入れてきたのは不意打ち過ぎました。演出を絞って絞ってきたからこその一撃だった……。こんな37人の武道館見せられたら、ミリオン最高かよ……以外の言葉を失いますよね。