死神執事のカーテンコール / 栗原ちひろ

 

死神執事のカーテンコール (小学館文庫 Cく 1-1 キャラブン!)

死神執事のカーテンコール (小学館文庫 Cく 1-1 キャラブン!)

 

 自称名探偵の猪目空我が探偵事務所を開くのは古い屋敷の一角。その大家となる謎めいたお嬢様と、彼女に仕える執事を名乗る死神の青年。更には、傍観者を決め込む謎のおじさま。そんな、明らかに人間の比率が低いよね? となるキャラクターたち。

奇妙な彼らの織りなす物語は、探偵だけに謎解きミステリ……かといえばそういう感じではなく、死者たちの人生最後のカーテンコールで心残りが浄化される……みたいなものが主眼ではなく、なんとも一言で表現し難い不思議なお話になっています。コメディという訳ではないけれど、なんだか変な奴らの、だいぶ変な関係が、一周回ってなんか良い感じ! みたいな。

というかイケメンで元子役(探偵)で海外帰りの猪目空我さん。最初はなんだか抜けているけどたまに鋭いタイプなのかなと思って読み進め、途中でああこれは筋肉馬鹿で愛すべきアホの子なんだなと思って読んでいたら、「名探偵と普通の探偵」でこいつはヤバいやつだと。

とにかく善良で鈍感というのが見かけ上の彼の個性なのですが、これそんな生易しいものではないだろと思います。普通の探偵である女が彼の裏を暴こうとするのがこの話なのですが、どんなに掘っても後ろ暗さがないというか、本人が定めた「名探偵」のあり方から、今に至るまでの生き方に、何ひとつの歪みもないのが逆にヤバい。行き過ぎた善良が純化されすぎて逆に狂っているというか、真水は逆に不自然であるみたいな感じ。普通の感覚を持った女探偵との断絶が、深淵の蓋を開けてしまった感があってゾッとします。ここまで正しければ、そりゃあ他者に鈍感にもなろうというか。これで本人は真っ当だと思っていて、いや事実どがつくほどに真っ当なんだから、それはあの人外たちが面白いと気にいる訳だと思います。

そんなこともあり、更には死神とお嬢様との間の執着絡みの話などもあり、一瞬闇を覗き込んだような気配がしながら、最終的にはなんだかなんだ和やかな感じで幕引き。ワケありにも程がある魑魅魍魎たちが楽しそうにしているなら、まあきっと悪くはないだろうと、何か丸め込まれたような気もしつつ、得てして世の幸せはそういうものなんじゃないかなと思わされるような、そんな一冊でした。

閻魔堂沙羅の推理奇譚 落ちる天使の謎 / 木元哉多

 

閻魔堂沙羅の推理奇譚 落ちる天使の謎 (講談社タイガ)

閻魔堂沙羅の推理奇譚 落ちる天使の謎 (講談社タイガ)

 

 高値安定という感じでこの巻も面白かったです。

第1話は、元天才バドミントン選手の事故死の謎。国内バドミントンの発展に尽くした故人である彼女の父親、彼女を取り巻くコーチや今のトップにあたる選手たち、そして才能あふれる小学生選手。そんな人たちに囲まれて、才能に任せて努力をしてこなかった彼女が、ケガを契機に一線を引いた後、どのように過ごして、何を考え、そして殺されるに至ったか。

これがひっかけ問題のような話で、彼女から見た周りの姿や言動に、競技の世界のドロドロとした感情がもたらしたもの、最悪の最悪を想像して読んでいたのですが、実はそういうことだったとは。概ね爽やかで前向きな決着に、悪い想像をした自分の心が汚れてると思わされるような話でした。

そんな1話目があったからどこかで良い話になるかと思えば、ただひたすら小悪党の話だったのが3話目。その人間らしい弱さは分かるけれど、この作品の倫理観は閻魔の倫理観なのでそりゃあバッサリ切られますよねという。

しかしこれ、推理モノとしては変化球すぎるというか、反則ではと思って読み返したら、確かにそういうふうに説明されていたのだけど釈然としないというか、野球盤で消える魔球を使われたみたいな感じでした。いやだって、閻魔周りの設定と現実世界の設定は分けられた上での推理ゲーム……ではないな確かに。そもそも沙羅は現実世界に干渉しまくっているのが描かれてもきた訳で、いやしかし……。

やがて君になる 7 / 仲谷鳰

 

「私を見くびらないで。

知ってるわ、あなたのことなんて」

 6巻の生徒会劇、侑が働きかけた脚本を演じたことを通じて燈子が燈子であることを始めたその瞬間に、この作品のカードは全部出揃って、ここからはそれがあるべきところ、タイトルである「やがて君になる」へと収束していく。そういう話だと思います。

ですが、そんなある程度の予想がつくところであっても、流石のキレというか、驚きの解像度で描かれていく、変わっていく燈子、侑、そして沙弥香の姿は本当に素晴らしかったです。シンプルでクリアで切れ味鋭い感じ、なんというか名刀って感じで凄い。

そしてやはりこの巻は佐伯沙弥香に尽きると思います。物語の流れからしたら何をどうやっても、沙弥香が選ばれることはないことまでは分かってた。でも、沙弥香の告白が燈子の意識を変えて、それが侑に向かうってこの残酷さは本当にね……。遅かったこともきっと分かっていて、いつまでも動かなかった自分の事も分かっていて、それでも言葉にすることを選んだ、それが佐伯沙弥香。

この一連の流れの行動も、言葉も、本当に佐伯沙弥香が120%佐伯沙弥香で、ああやっぱり好きなキャラクターだなと思うのです。そして過去に弄ばれた彼女の気持ちが、選ばれなかったとはいえ、燈子にはきちんと届いたということに、スピンオフを読んだ身としては救われるものを感じたのでした。

淡島百景 3 / 志村貴子

 

淡島百景3

淡島百景3

 

 淡島歌劇学校に集う、あるいはかつて集った少女たちの感情を、関係を、そっと、鮮やかに、けれど深く切り取っていくような作品の3冊目。

両親の新興宗教問題に、病気による降板、芸能人の親のW不倫と結構際どい、それこそ下世話になりかねない題材を扱いながら、それを少女たちの想いからさらっと切り取っていくところは本当に志村貴子の真骨頂という感じ。特にこの作品は淡島という特別な場があるからこそ、彼女たちの心情や関係性が引き立っていて、大変素晴らしいです。志村貴子作品で、個人的には一番好きなシリーズ。

今回は何より「山県沙織と武内実花子」が最高でした。かつて淡島で主演のダブルキャストを努めた2人。けれど、体の弱かった実花子はその後体調を崩し、その代役となったのは沙織。そしていつしか女優となった沙織がついに掴んだ役を急病で失ったとき、その代役を射止めたのは芸能界に復帰した実花子。いがみ合う仲でも、親友というわけでもなかった2人。同じ場所で学び、同じ舞台に立って、誰も欠けないようにと思いながら、突然に訪れた別れ。噛み合わなかったたくさんの想いがあって、流れた長い時間があって。

2人だから分からなかったものがあって、2人だから分かるものがある。実花子の母の言葉、ようやく掛け直せたボタン、そして病室で、同じ時間と空白の時間を経た2人の舞台に立つ役者の会話が素晴らしかったです。

なかなか続きの出ない作品ではありますが、時間を賭けた結果としてこんな素敵なものが読めるのであれば、次のお話も首を長くして待っていたいと思います。

1518! イチゴーイチハチ! 7 / 相田裕

 

1518! イチゴーイチハチ! (7) (ビッグコミックス)

1518! イチゴーイチハチ! (7) (ビッグコミックス)

 

 一つの時代が終わって、新しい時代が来て、まだ物語は続いていく最終巻。

公志朗が新しい夢をみつけて、気持ちに整理をつけて、そして幸に告白をして、そうなったらもうそこから先は物語としてはボーナスステージみたいなもので。

怪我で野球という夢に敗れて行き場を失っていた少年と、ぼんやりと生きていた少女が生徒会という場所で出会って、松武というお祭り気質の学校と先輩たちと仕事に取り組んでいく中で、たくさんの経験をして、そして成長していったということが、2人の言動にも、行動にも、表情にも溢れていて、ここまでずっと見守ってきたような気分になって泣けます。ああ、何もかもだめになったように思えた後でも、こんなにも青春することができて、そして人は関わりの中で変わっていくのだと。

生徒会で過ごす彼らには物語的には地味な等身大の出来事しか起きていなくて、それでもこんなにもドラマチックで、こんなにも青春は尊い。それがどん底から始まったのならば、なお尊い。そこには確かな救いがあって、なにより本当にこいつら楽しそうだな、青春って楽しいんだなって思える。

諦めざるを得なかった公志朗と対称的にそれでも夢を諦めないことを選んだ先輩、そしてやっぱり松武で生徒会をする中で変わっていった先輩たち、そして先輩になった2人、新たにやって来る後輩たち。学校という場所で、ここに描かれたことも、描かれなかったことも、そしてこれからもたくさんの物語が生まれて、彼ら彼女らは生きていく、変わっていくということを、なんて素敵に描く作品だったのだろうと思います。素晴らしい、最高のマンガでした。

あと、ナカナツは、この先絶対に幸せになってくれよな……。絶対だぞ……。本当に良い子なんだよ……。

4月のライブ/イベント感想

4/14 あどりぶグランプリ2019 @ 中野サンプラザ

例年通り洲崎西をゲストに迎えたイベント。いつもの大橋彩香巽悠衣子の空気感に、今回は長めに出演時間があった洲崎西の2人が違う味を添えていた感じ。特別道ということはないけれど楽しく、そしてへごが可愛いイベントでした。でも今年は無かったあどりぶシアターで事故って欲しさはあった。

 

4/28 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!! 仙台 Angel STATION DAY2

 2日目をLVにて。

ミリオンはアーティスト路線というか、素のパフォーマンスを打ち出していく方向性が強めで、それは今回の後半パートでもそうだったのですが、新基軸というか、前半にミリシタでのユニットの世界観とそれを演じることを中心に据えたライブをしてきて驚きがありました。

その中でもCleaskyは、私が数少ないちゃんとドラマパートを聞いているユニットで、すごく良い話だったのですが、それがもうあんな演出されちゃったら泣くでしょっていう。今回は持ち曲+765ASカバーという構成で「虹色letters」からカバーの「笑って!」をね、あの離れた地で手紙を書いているシーンから再会へという流れが歌詞ともマッチしていて。Cleaskyが劇中劇で演じた役に沿った表現をお芝居仕立てでやられるのはぐっとくるものがありました。

あとは田村奈央のMCが今回も破壊的で凄かった。もちょは牛タンのことしか考えていなかった。

 

4/29 LiSA LiVE is Smile Always ~364+JOKER~ Day1 @ 横浜アリーナ

紅蓮華

紅蓮華

 

 久々にLiSAの単独ライブを見たのですが、ポップでロックなヒロインとしての完成度がめちゃくちゃ上がっていて、とても良かったです。キュートさ、格好良さ、小悪魔的なセクシーさとLiSAの世界はこうなんだという感じ、そしてアリーナでライブをすることが当たり前と思えるようなメジャー感があって、アイコンとして完成されている感じ。そりゃあ人気があって当然と思います。

そしてとにかくハッピーなライブでした。余裕というか、出演者全員と観客と一緒に楽しんでいる感が全面に出ていて、人気曲を立て続けに演るセトリもあり、問答無用でどんどん楽しくなってくる感じ。演出も相まって「ADAMAS」の格好良さも凄かったし、「紅蓮華」はやっぱ好きだなあとか。

あと、途中からはかなり声がきつそうで、ラストの「Catch the Moment」を観客に歌わせて乗り切っている感じで、でもそれが会場全体の一体感とかハッピーな空気を作っていて、LiSA本当に変わったなあとというのと、良いファンが集まって、みんなで遊んでいる良い現場だなあと感じました。

掛け値なしの良いライブで、めっちゃ楽しかったです。流石。

86 -エイティシックス- Ep.6 明けねばこそ夜は永く / 安里アサト

 

 この作品がレギオンとの戦争と同時に少年少女たちを描く物語であることを、改めて感じた1冊でした。表紙の2人、君たちこのことだよ。

連合王国編の最終巻、追い詰められた連合王国が、命運をかけて望むレギオンの拠点となった竜牙山の攻略作戦。限られた戦力で十分な援護もない中それに当たるのは、当然の如くシンたち機動打撃群と、ヴィーカの<シリン>たちで。

更に進化した高機動型レギオンとの戦いや、熱気渦巻く火山内での戦いなど見どころも多い巻ではありますが、印象的だったのはやはりエイティシックスたちの迷い。闘い抜く誇りのみを胸に、最終的な死が定められた戦場を生き抜いてきた彼ら彼女らに、死した後に生者のために闘う<シリン>たちの屍を積み重ねてそれを是とする様は、己の写し鏡のように見えて、けれど自分たちはそうではないと思わなければ「生きる」ことはできなくて。

先の闘いでの<シリン>を見たことで生まれたシンの迷いと、同じ戦場に立ちながらも明確になったエイティシックスと普通の人、つまりシンとレーナの断絶とすれ違いが延々と描かれていく訳ですが。同じではなくても理解して認めることも、違うと分かった上で望むこともできる、未来に希望を描き、ここから同じ時を「生きる」ことができるとなっていく訳ですが。

いやでも、この2人、似てない? あらゆる意味で似てない?? むしろそっくりでは??? という思いが読むほどに強まっていくこの感じ。そして激しい戦闘の中で取ったお互いの思考、お互いの行動から、本当にお前らそっっっっっくりだな!!! となる感じが楽しかったです。

よくよく考えてあの共和国の時代をああやって闘い抜いたレーナがまともな訳がないし、シンは86区にいた頃から100%人間辞めれてたわけではないし、根っこの部分は君ら本当によく似てるよなと。だからこそお似合いだし、相変わらず対レギオン戦線は絶望的な状況であったとしても、この2人なら大丈夫じゃないかと根拠のない希望を抱けたりもするっていうものかなと、思いました。