【小説感想】ヒッキーヒッキーシェイク / 津原泰水

 

ヒッキーヒッキーシェイク (ハヤカワ文庫JA)
 

 読み終えて、生きるのって悪くないなと思える小説でした。人生って素晴らしいだとか、前向きに生きてこそだとかいうのではなく、死ぬまでは生きていくのも悪くないっていうくらいの感じ。この「悪くない」というニュアンスがこの小説のとても魅力的なところで、それが生まれるのは、これが引きこもりたちの物語だからなのだ思います。

物語はヒキコモリ支援センターの代表を名乗るカウンセラーのJJこと竺原が、彼のクライアントのひきこもりたちに不気味の谷を超えるための人間創りのプロジェクトへの参加を求めたことで動き始めます。この竺原という男、口をついて出る言葉は虚実が入り混じり、調子のいいことばかりを言ってヒッキーたちを操っていく詐欺師で、その実どこまでが意図されていて、どこからが予定の外なのかもわかりません。それでも、自分の世界に閉じていた彼ら彼女らの世界には確かに波紋が広がった。

そこから生まれるのは、最初に目指したはずのアウトプットばかりではなく、奇妙な関係の繋がりであったり、疑心暗鬼であったり、掘り返される過去であったり。ただ、それでも常に前へ前へと、竺原が起こした波は止まらずに進んでいきます。どこに行き着くかわからない、次の展開も読みようのないドライブ感。駆け抜けていくそれが、この小説の特徴であり、竺原が動き続けた結果であり、ヒッキーたちに必要なものであったのかなと。

物語が進むにつれて明らかになっていくそれぞれの事情は、軽やかに描かれますが生易しいものではありません。ひきこもりにはそうなっただけの理由があり、そうならざるを得なかった特性があり、また竺原自身にも抱えているものがある。なんというか、描かれるのはクソみたいな世界で、そこに生きてるのは碌でもない奴らなんです。それはそうなのだけど、それを深掘りしてどうこうしようという話ではない。ただ逃れられない事実としてあって、だとしても、彼らが動き、駆け抜けた終わらないお祭りみたいなものは、確かに何かを起こしたし、続いてるんだっていう、そういうお話なのだと思います。

それから、ひきこもりたちの物語であるが故に、この作品には絶望感というか、他者との断絶が根底にあるように感じます。登場人物の口から語られる他人のことなんて誰も幸せにできないという言葉。それは物語が終わっても解決なんてされていないし、解決すべきものとしても描かれない。でも、それでも、彼らは動き始めて、自分なりのやり方で誰かと関わり、そこに何かが生まれて、まだ止まってはいない。

だからこそ、何かを讃美する訳ではない、この「悪くない」という感覚が生まれてくるのだと思います。人はそうやって、生きることができる。そこが凄く好きな作品でした。

6月のライブ/イベント感想

6/1 MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ

サヨナラノツバサ ? the end of triangle

サヨナラノツバサ ? the end of triangle

 

 マクロスの歴史というか、老舗の底力を感じるイベントでした。
もろもろ凄かったなと思うのですが、やっぱりマクロスFのMay'nと中島愛による、映画映像に合わせた怒涛のメドレーからのサヨナラノツバサがとんでもないものを見たなと。いやほんと、とんでもないパフォーマンスだった。映画もアニメも見ていなくてもそう思うのだから、思い入れがある人は死んだんじゃないかと。
そしてそのパフォーマンスの後という難しい状況で出てきたワルキューレがやっぱり凄くてあの子たちなんなんって思いました。まず声優にあの難しい歌をライブでキャラ声で歌って踊って5声でハモる仕事を持ってきた人はおかしいし、実現できちゃってるのが更におかしい……。

 

6/2 分島花音 10th Anniversary ワンマンライブ「DECADE」 @ TSUTAYA O-WEST

DECADE (初回生産限定盤)

DECADE (初回生産限定盤)

 

 分島花音のライブを見に来るたびに、私は分島花音の音楽が好きだなあと思います。音楽って音を楽しむんだよねとも思う。そういうライブ。
秋からイギリスへ行かれるということで、しばらくライブを見れる機会は無くなるのかなと思うし、それを聞いてからはやっぱり感慨深いものがあったのですが、だからといって彼女の音楽が無くなるわけではないし、彼女がいなくなるわけでもないので、いつかまたライブを見れる日を楽しみに待っていたいと思います。

 

6/8 AnimeSong×ToyBox vol.01 @ 神田明神ホール

 バンドがいる訳でも凝った演出がある訳でもない、完全に演者の力量に任されたイベントだったのですが、ZAQ、TRUE、鈴木このみオーイシマサヨシってそりゃあもう鉄板で間違いなく楽しい訳ですよ。曲数がそれぞれにあまり多くなかったこともあって、最初から最後までトップギアに入ったままブチ上がる、ただただ楽しいだけがあるライブでした。最高。
あと、鈴木このみ、しばらく見ない間に凄くなってるなあと。そりゃあ昔から歌は抜群うまかったのですが、場を支配する存在感というか、貫禄が出てきた。「Redo」が楽しすぎる。ちょっと単独ライブを見たいなと思わせられるパフォーマンスでした。

 

6/15 Yuki Kajiura LIVE TOUR vol.15 ~Soundtrack Special at the Amphitheater~ @ 舞浜アンフィシアター

FICTION

FICTION

 

 梶浦さんのライブはやはり私のホームはここ!! っていう感じで、帰ってきたって感があります。そして歌ものももちろん最高なのですが、こういうサウンドトラックスペシャルもそれぞれの楽器が輝いていて最高です。赤木りえさんのフルートが今回も神がかっていた。
そして今回はやはりアンコールの「red rose」がやばかった。まずMCの流れでこの曲だとわかった瞬間テンション爆上がりなのですが、ライブアレンジがまた最高に素晴らしかったです。この日登場した全楽器(ピアノ、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、ヴァイオリン、チェロ、フルート、アコーディオン、イーリアンパイプス)が登場してにそれぞれに見せ場があって、チェロの人が突然トランペットソロをかましたりするんですよ。まさに今音楽を楽しんでる感じ、ライブ感、最高でした。スタンディングオベーションも納得。欲を言えば、今すぐ音源にして売って欲しい……。


6/23 ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG DAY3 @ 幕張メッセ

初っ端のOLDCODEXで燃え尽きそうになるくらい最初から最後まで楽しいイベントだったのですが、なんと言ってもこの日はSOS団が5人揃ったことでしょう。ラインナップには入っていたけど、3人でアニサマのサプライズ時と同じようにやるんだと思っていたんですよ。それがソロで一人ずつ出てきて、2019年にミュージカル俳優で大成した平野綾が「冒険でしょでしょ?」を披露してくれるのも、病気を乗り越えた後藤邑子の「恋のミクル伝説」が聞けるのも望外すぎて、その時点で感無量なんですが、その流れで小野大輔が出てきたもんだからもう阿鼻叫喚ですよ。えっこれはもしかしてましかするぞ……からの、消失の演出を経て出てきたシルエットが5人いて「ハレ晴レユカイ」を踊りだしたら、それはもう見れる訳がないと思っていたものなんだからさあ大変。完全に幕張に墓標が立った案件でした。いや、なんか、もう、来て良かったなって。

あとはORESAMAはやっぱり一度ライブに行きたいなだとか、我らが大橋彩香が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたりとか、ランティスがついに上田麗奈をソロ名義のライブステージにまで引き出してきてくれたので、お願いだから一度ソロコンサートをお願いしたいだとか、そんな感じ。全編朗読劇+楽曲で、小劇場とかでやってほしいんですよ、お願いします。

 

6/30 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR 福岡 Fairy STATION DAY2 LV

 ミリオンは一旦距離を置いていこうかなと思いつつ、このユニット演出に特化したツアーで夜想令嬢だけはなんとしても見なければと思っていたもの。
声優が演じるアイドルが演じるミュージカル仕立てのライブというややこしいことをやっているのですが、演劇方向に振り切った、見たかった演出をやってくれて満足です。1曲目の序盤にセリフを入れ込みすぎてどうかなあと思うところもあるのですが、エレオノーラの独白からの夜想令嬢の真骨頂「Everlasting」が感情の入り方も最高だったので、そこは必要なものだったのだろうなと。山口立花子藤井ゆきよの演技がとても良かったです。

あとは、D/Zealのユニットとしての完成度が素晴らしかったです。アイマスの枠を超えてあの二人のああいう感じのユニットで売り出されても、もう全然違和感がないくらいにハマっていました。しかし最上静香さんはいつからジュリアの舎弟になったの……?

【小説感想】HELLO WORLD / 野崎まど

HELLO WORLD (集英社文庫)

HELLO WORLD (集英社文庫)

 

 また何と言えばいいか困る作品を送り出してきたな野崎まど!

「君の名は」以来アニメ映画では青春+SFが大流行中で、この作品も恋愛青春SFと銘打たれたアニメ映画原作の書下ろし長編となります。読んでも確かに、間違っていないのです。何も、間違っては、いない。

ストーリーは、何事にも一歩を踏み出せずにいた少年の前に、10年後の自分を名乗る青年が現れ、自分に恋人ができて、そして失うということを告げられることで動き出します。彼は未来の自分を先生と呼び、アドバイスを受けながらクラスメイトの女の子と距離を近づけるうちに惹かれていき、やがて襲いくる運命から何とか彼女を守ろうと、幸せになってもらいたいと行動をする。しかし、訪れた運命の日、事態は思いもよらない方向に動いていき……という感じ。

好きな女の子のために男の子が頑張るボーイミーツガールで、物語はSF的なスケール感を持っていて、舞台となる京都の街並みは絵的にも映えそう。まさしく今流行りの青春SFアニメ映画の要件に忠実で、発注に対して正しい納品と言えるもの。こちらとしては、野崎まど作品なので、いつ来るどこで来るとカタストロフと大転換に身構えていたのですが、最後まで頑張る少年少女の物語で幸せな結末を迎えます。

まあ、一応ね、ミクロな視点ではね。

そんな訳で以下ネタバレあり。

 

 

 

 

 

 

 

いや本当に、ミクロな視点ではそうなんですよ。直実からすれば、世界を揺るがす大冒険の果てに、最愛の彼女を取り戻すというハッピーエンド。ひと夏の不思議な経験。まさに青春。瑠璃のちょっと変わった性格も魅力的だし、うじうじしていた直実が彼女のためにと勇気を出して行動する展開はまさに王道! という感じですし。

じゃあ何が問題かといえば、この作品、ずっとマクロの視点ではぜんぜん違う色合いの事が起きています。野崎まど作品によくある、これまで積み上げてきたものを大崩壊させて別の仕掛けが姿を見せるやつ、あれが最初から最後までミクロとマクロのパラレルで走り続けるという、少し変わった見せ方をする作品になっているのだと思います。

京都をまるごと完全に記録する量子記録装置「アルタラ」。そこには京都の全てが記録されている。もちろん、直実も、瑠璃も、彼女を襲った落雷事故も。10年後の直実はこのアルタラにダイブしてきた現代の直実であり、目的は目覚めない瑠璃の精神データを望ましい形で抽出し、彼女を目覚めさせること。だから、記録の中の直実を誘導し、そして彼の物語自体に興味はない。それは改竄するための記録、あくまでも現実ではないものだから。

そうして2人の物語は交わり、記録の直実にとっての大冒険と、現代の直実にとっては侵食される現実の先で迎えるオチ。いや、そんな気はしてましたけど。記録の中で生きる人間にとって、それが記録であるか認識することは不可能だと、最初に直実が直実に言っていたのだから。加えて言えばラストの彼女もまた、更に上位から誘導、改変された記録の京都の一部な可能性もある訳で、そうなると無限の入れ子構造であることを、肯定も否定もできないんですよね。この作品はある視点からの切り取りになっているけれど、起点も終点も一切確定できない。それはもう、足場が崩れたどころの騒ぎじゃなくて。

上位存在による介入、操りの問題。これまでも野崎まどの書いてきたテーマが表向きの青春恋愛物語の裏側に蠢くことで、現実という特権的な価値さえも無効化されるのか、あるいはどこであれそこにある感情には価値があるのか。見せられてきたものの意味を問われた気分になる、そんな作品でした。帯には「セカイがひっくり返る」とありますが、どちらかと言えば、底が抜けているんじゃないでしょうか、これ。

【小説感想】虚構推理 スリーピング・マーダー / 城平京

虚構推理 スリーピング・マーダー (講談社タイガ)

虚構推理 スリーピング・マーダー (講談社タイガ)

 

 岩永琴子は怪異たちの相談事を解決する知恵の神であり、怪異と人間の調停者であるというのはずっと貫かれている大原則で、それをミステリの視点から描いたものがこのシリーズだと思います。怪異と人間の絡んだ問題に対して、彼女は絶対の公正さをもって正しい落とし所を用意し、必要であれば虚構の理を構築して双方を納得させる。

逆に言えばそれが故に岩永琴子は岩永琴子であり、結果として九郎はそこに「危うさ」を感じ、六花は「たちが悪い」と言う。その岩永琴子という存在が、これまでより人間側に比率が偏った事件と対峙した時に何が起きるのか。ああ、この子はたちが悪く、危うく、そして明らかにヤバいのだと、その在り方を見せつけるような一冊でした。

高校時代の岩永の話、鋼人七瀬事件後の六花の話を導入に描かれる事件は、とあるホテルグループ会長からの依頼で始まるもの。かつて妖狐に頼んで妻を殺したというその老人は、遺産配分の条件として子どもたちに自分が妻を殺したという嘘の証明をさせて、それを琴子に審判してほしいと言います。罪は正しく裁かれるのだと、子どもたちに伝えるために。

かくして、遺産相続を巡るゲームという、まさしくミステリ的には殺人事件待ったなしの状況が発生しますが、それぞれの持ちえる情報と思惑、岩永の誘導と公になりようがない妖狐の存在、更に存在しない殺人の証明という不可能命題が絡まり、話は妙な展開を見せて……という感じ。

 

以下ネタバレ有りで。

 

 

 

 

相変わらず最速でたどり着いた(妖狐に聞いたのだから間違いない)真実を知りながら、虚構の推理を構築していく形な訳ですが、情報の持ち方と出し方にひと仕掛けがあることで、思ってもみない結末にたどり着くのが面白かったです。虚構を構築していたはずのものが、ある一点を除いて真実として裏返ってくるのは想像もしていなかった。そして、だからこそ読者としても感じる岩永琴子の「たちの悪さ」。

せっかくみんなで構築していたはずの、人間にとって都合の良い、納得ができる虚構を選択しないんですよね、今回。何を暴いて何を隠すのか、それをひっくり返して突きつけることで生まれる効果まで含めて、全ては岩永琴子の手のひらの上。彼女の作る虚構が、直接知り得た真実からの逆算で事実を規定し、その判断原理は、怪異と人間の公正な調停者であることのただ一点。それは後味が悪かろうが、どれだけの恨みを買おうが、どんな犠牲が生まれようが、変わらない。

探偵は真相を暴くものであり、それが故にどんな宿命を背負うのかを、城平京はデビュー作「名探偵に薔薇を」で描いていたのですが、これもまた怪異と人間の調停者であることで背負うものを描いた作品という見方もできるのかなと思います。

だとすれば、岩永琴子と桜川九郎の在り方そのものが、いつか調停者として見た公正さに反した時に、突きつけられたものに彼女がどうするのか。岩永琴子が岩永琴子であり続けるために捨てなければならないものと、すべてを失ってただの人間になること。どちらにしても、彼女の隣に九郎がいる未来が見えなくて、それはまあ六花が二人を離れさせようとするのも分からなくはなく、かつて神隠しにあった時点で彼女がその身に背負ったのは祝福ではなく、呪いであったのかも知れないと思うのでした。

【小説感想】ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 2,3 「case.相貌塔イゼルマ 上・下」 / TYPE-MOON・三田誠

 

 あのFate/Zeroのウェイバー君がこんな立派になってと思う訳ですが、エルメロイⅡ世というキャラクター、単純に成長したというには随分と拗れた在り方になっていて、そこが面白いなと思いました。

魔術へ精通し、研究者、講師としての特異な能力を持ちながら、魔術師としての凡庸さがもたらした捻れ。外から見た評価と自己評価の乖離。格好良さと情けなさの両面性。面倒事を引き受けては眉間に皺を寄せ、胃を痛めながら解決に導く姿。そしてそんな彼の人格を作ったのは、あの英霊との日々。このロード・エルメロイⅡ世や、彼の周りにいるライネスやグレイというキャラクターこそシリーズの魅力なのかなと。

作中でも魔術が絡む事件はフーダニットもハウダニットも推理不可と言う通り、ルールが明示されないので謎解きミステリとして読むものではない感じ。そして作中で言及されるワイダニットも1巻では魔術師の考えることなんて分からんがなと思って楽しみ方がいまいち分からなかったのですが、この2,3巻は解き明かされていく事件の真相も、個性の強い魔術師たちのキャラクターも、グレイたちの派手なバトルもバランス良く盛り込まれ、エンタメとしてとても面白かったです。

特に、追い詰められたライネスの元にやってきたエルメロイ2世が、このイゼルマで起きた事件と魔術を解体して晒していくプロセスは間違いなく謎解きであり、泥臭くも鮮やかで、そこに見える彼の特異性が面白かったなと。そりゃあ自分の家の秘術をひと目で見破って、淡々と魔術師がたくさんいる場で解説してくる奴はだいぶヤバいよなあと思います。

【マンガ感想】私に天使が舞い降りた! 6 / 椋木ななつ

私に天使が舞い降りた!: 6【イラスト特典付】 (百合姫コミックス)
 

 みゃー姉の成長が著しい6巻。

わたてんには、みゃー姉の笑い事じゃないダメっぷりと子どもたちの容赦ないストレートさから透けて見える隠しきれない闇、みたいなものを感じていたのですが、みゃー姉に社会性と前向きさが芽生えつつあり、子どもたちも成長していることでなんだか空気が凄く真っ当になった印象があります。まあ、松本とかはいますが。

そんな感じでみゃー姉と子どもたちの日常を安心して読めるようになった一冊。可愛いし楽しいし嫉妬しているノアも良いのですが、あの砂糖漬けの中に毒がある感じが好きだった身としては、それはそれで物足りないような気がしなくもなかったり。

あと、前はみゃー姉が花ちゃんに一生お菓子作るよと言っていたのが、花ちゃんからみゃー姉への一緒にケーキ屋をやりましょうになったの、成長と共にめっちゃ健全な方向に進路修正されたなあと感慨深さがあります。

しかし社会不適合者が小学生たちとの交流を通じて更生していく話と書くと、あまりに身もふたもない気がしてくる。

【小説感想】魔法少女育成計画 episodesΔ / 遠藤浅蜊

 

 本編でもう死んでしまった魔法少女たちの生前のエピソードに、でももう死んじゃってるんだよな……と思うのがまほいく短編集の常な訳ですが、それにしても冒頭から幸せ夫婦をしていた頃のトップスピードの話を持ってくるのは精神的ダメージが大きくはないでしょうかね……。あんなふうに死んでいい子じゃなかったんだよ……。

話の中では、その後のテプセケメイ(正体は亀の魔法少女)の日常を描いた「正月と亀」が、ちょっとズレた視点から人間の日常を描いていて面白かったです。

それから、シリーズの中の一編としては、修羅道を歩み始めた頃のスノーホワイトの話である「魔法少女暗殺計画」が印象的。多くの友の犠牲の果てに生き残ってしまった彼女だから、そうやって生きるしか無かった。後に登場する"魔法少女狩り"としての彼女がどのようにして生まれていったかの1ページなのですが、心の中で泣いている姫河小雪を押し殺し、困っている人の心の声が聞こえる魔法を戦闘に転用して、自分よりずっと格上の魔法少女たちに狙われてもギリギリで返り討ちにしていくその姿、悲壮さと共に美しさがあるなあと思います。なんというか、この在り方が、私達の知るあのスノーホワイトさんだよな、と。

あと、東山奈央の帯コメントが完璧で、流石だと思いました。