読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青年のための読書クラブ 3 / 桜庭一樹・タカハシマコ

続き出た! 完結した! 諦めなくて良かった! がまず第一の感想になりますが、中身の方も待った甲斐がある素晴らしいコミカライズになっていました。
原作を読んだ時に感じたものが全て余さずにここにあるという訳ではないのだと思います。汲み上げられなかったものもたくさんあるはずで、けれどここにはあの原作の特別なものが、本当に見事に鮮やかに描かれていて。だからやっぱりこれは完璧なコミカライズだったのだと思います。
この風変わりな読書クラブの歴史を、桜庭一樹×タカハシマコという組み合わせで最後まで読めたことが、とても幸せだったなあとしみじみ思う一冊です。