読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WORKING!! 13 / 高津カリノ

感想 マンガ ☆☆☆☆

これにて完結。良かったなーと思いつつあとがきに連載約10年間と書かれていて時の流れの早さに地味にショックを受けた次第です。
それは置いておいて、小鳥遊と伊波さんがようやく、ようやく、ようやく! くっついての大団円。これにて終幕ということで、小鳥遊家家庭問題、伊波さんの殴っちゃうレベルの男嫌い、ことりちゃん爆誕問題、八千代帯刀問題等々の、マンガだからまあというレベルのぶっ飛んだネタに、強引な筋道を付けて解決していく豪腕っぷりがちょっと面白かったです。え、そこはちゃんと着地させるんだ!? みたいな。特に迷走する小鳥遊くんが、最終巻の半分以上の登場シーンで女装していたような気がするんですがこれはいったい。
ハッピーエンドを迎えたわけですが、ただ、相馬さんと山田のところがくっつきそうでくっつかずに終わって、でももうこれくっついてるってことでいいんじゃねみたいな! 消化不良感が! もうちょっとだけ!! あったりもするので番外編にも期待です。あと人間的にはちっちゃくないよな先輩だけお相手が現れなかったのですが……。