読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹さえいればいい。 / 平坂読

感想 ☆☆☆

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

ガガガ文庫×平坂読だと!? これは何かぶっ飛んだものが……? と思って手に取ったらいつもの平坂読だったよ! というか「はがない」で大ヒット作家になったから忘れていましたが、平坂読はいつだってぶっ飛んでいましたねっていう一冊。
妹キチなライトノベル作家の羽鳥伊月を主人公に彼を取り巻く作家仲間や友人や弟たちとの日常がショートショート形式で描かれる作品。残念系ヒロイン含めたキャラクターの極端さだったり、唐突にエロをぶっこんできたりとドタバタ劇の向こう側に透けて見える、作家としてのこだわりというか挟持みたいなもの。
スランプに入ってネタが出なかったりもしつつ、ゲームやTRPGをして遊んだり、思い立ったように唐突に旅行に出かけてみたり、税理士に相談して節税に励んだりと、どこまでが真実でどこまでが創作かわからないような日々。これはもしやラノベ作家を主人公にしたラブコメではなくて、ラノベ作家の日常をラブコメとキャラクターで塗りたくったものではないのか……? みたいな楽しさのある一冊でした。